医者と看護師

検査は2段階になっている

女医

エイズ検査は、きちんと受けることによって陽性でも適切な対応をすることが可能になっています。エイズ検査をきちんと受けることによって、感染を広げないというプラスのメリットなどもあります。エイズ検査は、重要なものになっています。

検査の流れと場所

ウーマン

性病になるのは恥ずかしいことだと考えてしまいなかなか性病検査をすることもできないという人が多いです。しかし性病は誰もがなる可能性のあることであり、疑いを持った際には検査をしておき現状を知ることが大切です。

正しい知識が必要

男女

HIVウイルスの感染に不安があれば早期のHIV検査を実施しましょう。HIVに感染していても初期なら血液検査でも陰性となる場合があります。体調や生活環境に不安がある場合は例え陰性判定が出たとしても、もう一度HIV検査を受けることをお奨めします。HIV検査は全国の保健所で受診する事ができます。もちろん匿名で受診出来ますのでプライバシーは守られます。基本的に無料で受診出来ますが、費用がかかったとしても5千円から1万円の範囲の金額で検査が受けられます。HIV検査は毎日行われていません。週に1回から2週に1回程度のスパンで主に平日の昼間に実施されています。中には夜間や土日に実施している機関もあります。予約の有無も機関によって様々ですので、まずはご自身で受診機関の情報を調べてください。

HIVウイルスに感染すると自分だけではなく、パートナーにも感染の可能性が出てきます。そのパートナーから別の人に感染する事も考えられるので、HIV検査を受診する事で感染の広がりを防げます。最近は自宅で行えるHIV検査キットがあります。自宅で行えば秘密に出来るしプライバシーも守られます。しかしそれだけです。公的機関でHIV検査を行い結果陽性だった場合は、検査結果を伝えるだけでは無く今後の対応や適切な治療方法、メンタルケアも行ってくれます。HIV陽性となった場合でも感染から発症までかかる時間は人それぞれです。感染していても発症しない期間が長かった場合、普段の生活をしていると感染を拡大させてしまう恐れがあります。感染拡大を防ぐ為にも、少しでも不安があればHIV検査を受診しましょう。

さまざまな方法があります

ナース

性病にかかった疑いがある場合は、病院に行って検査をするのが得策ですが、病院へ行くまでには時間がかかるという人も沢山います。東京では、性病検査を病院だけではなく保健所で受けることが可能なのです。また、病院や保健所に行きにくいという人は、自分で調べられる性病検査キットを使用するとよいでしょう。